真夏の京都観光!暑さを気にせずに楽しめるオススメ室内スポットをご紹介!

ようこそゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
109 26 17

RSS

  1. リフナビ京都
  2. リフナビ京都コラム
  3. 地域情報
  4. 真夏の京都観光!暑さを気にせずに楽しめるオススメ室内スポットをご紹介!

真夏の京都観光!暑さを気にせずに楽しめるオススメ室内スポットをご紹介!

更新日: 2021-07-16地域情報
真夏の京都観光!暑さを気にせずに楽しめるオススメ室内スポットをご紹介!

京都観光といえば、美しい桜を楽しむことや紅葉を楽しむといったイメージで、「春や秋に足を運ぶもの」とお考えの方が多いのではないでしょうか?特に京都は、盆地という地形の特徴があるため、夏は大変暑くなってしまうことで有名で、夏場に京都観光に行きたいという方はあまり多くないといわれています。

しかし実は、京都は夏場でも非常に楽しめるスポットが多いということはご存じでしょうか?以前、別の記事で、夏でも涼しさを感じられる京都のスポットをご紹介しましたが、今回は、夏の暑さを感じずに観光を楽しめる『京都の室内観光スポット』についてご紹介していきたいと思います。

京都といえば、日本の歴史を体感できる寺社仏閣巡りが醍醐味だと考えられていますが、お寺や神社以外にもさまざまな観光スポットが存在するのです。室内の観光スポットであれば、雨の日も楽しめますので、ぜひ参考にしてみてください!

①京都水族館【京都市下京区】

京都の室内観光スポットの中でも、特に人気なのが『京都水族館』です。京都水族館は、「水とともにつながる、いのち。」をコンセプトとしており、雨がわき水になり、小川になり、やがて大きい川となって、最後は海へ流れこむ…という、源流から海にいたるつながりと、水を通じて多くのいのちが共生する生態系が再現されているそうです。
近年では、クラゲの人気が非常に高くなっていることから、2020年7月より、西日本最多の約20種2000匹のクラゲが展示される「クラゲワンダー」が新エリアとして登場しています。他にも、国内で最大級のスケールを誇るオオサンショウウオの展示やイルカショーなど、ゆっくりと楽しめる展示が盛りだくさん。施設内には、京グルメが楽しめるカフェもありますよ。

  • 住所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1
  • アクセス:京都駅中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線梅小路京都西駅より徒歩約7分
  • 公式サイトはコチラ

②月桂冠大倉記念館【京都市伏見区】

お酒好きの方にとてもオススメなのが、京都市伏見区にある『月桂冠大倉記念館』です。京都の伏見は、町のいたるところに酒造が点在することで有名で、その中でも歴史が深い月桂冠は、本社近くの酒造を利用して記念館を作っています。
ここでは、京都市有形民俗文化財の指定を受けた酒造用具などが展示されており、一般の方がなかなか見られない酒造文化に触れることが可能です。見学後には、吟醸酒などのきき酒を楽しめますので、日本酒好きの方にはぜひ足を運んでみてくださいね。

※新型コロナウイルス対策に関しては、公式サイトでご確認ください。

  • 住所:京都府京都市伏見区南浜町247
  • アクセス:京阪本線中書島駅より徒歩5分、伏見桃山駅より徒歩10分、近鉄京都線桃山御陵前駅より徒歩10分
  • 公式サイトはコチラ

③京都国際マンガミュージアム【京都市中京区】

京都とマンガは、「あまり結びつかない…」とお考えの方が多いかもしれませんが、暑い夏場の京都でも非常にオススメできるスポットです。京都国際マンガミュージアムには、現代の国内マンガ本を中心に、江戸期の戯画浮世絵や明治以降のマンガに関する歴史資料の他、世界各国のマンガや雑誌が集められています。その数、なんと世界最大規模となる、約30万点だそうです。
マンガの単行本だけでも約5万冊が館内の壁中に広がる書架「マンガの壁」に収められており、見たこともないマンガがうんと楽しめることと思います。
そしてこのマンガミュージアムは、昭和初期に建てられた龍池小学校の校舎が当時の面影を残したまま使用されており、その中で現代のマンガを読むことができるのも、非常に貴重な体験になると思います。

  • 住所:京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
  • アクセス:京都市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅2番出口より徒歩2分
  • 公式サイトはコチラ

④京都国立博物館【京都市東山区】

京都国立博物館は、明治30年に帝国京都博物館として開館した、非常に歴史のある博物館です。約14,600件の収蔵品の中には、国宝29件、重要文化財200件も含まれるなど、京都にゆかりのある美術品や文化財が多く展示されています。
なお、平常展示の名品ギャラリーでは、随時展示替えが行われていますので、何度行っても新しい作品に出会うことができるのも大きな魅力です。年に数回程度、特別展が開催されますので、そういった時期に訪れるのも良いかもしれませんね。

  • 住所:京都府京都市東山区茶屋町527
  • アクセス:京都駅下車、市バス100・206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車徒歩スグ
  • 公式サイトはコチラ

夏の京都観光は疲れを癒やすのが大切

ここまでは、「暑くて観光なんてしていられない…」といわれる夏の京都でも、快適に観光を楽しめる室内スポットについてご紹介してきました。京都市内には、この記事でご紹介した場所以外にもさまざまな室内観光スポットがありますので、寺社仏閣巡りの合間などに、室内スポット観光を挟み、体調を整えながら京都観光を楽しむのもオススメの方法だといえます。

もちろん、京都観光といえば、京都でしか楽しめない歴史的なお寺や神社巡りが醍醐味でもありますので、ぜひ寺社仏閣巡りも楽しんでくださいね。
注意が必要なのは、京都のお寺や神社は、非常に広大な敷地面積となっているため、徒歩での移動距離が非常に長くなり、足腰にかなりの負担がかかってしまうということです。実際に、一日中寺社仏閣巡りをしていると、翌日には筋肉痛になってしまい、その疲れから予定が大幅に崩れてしまう…なんていう話をよく耳にします。
こういったことにならないようにするためには、一日の観光の終わりにマッサージなどを受けて、足腰の疲れをやわらげておくという工程を組むことです。京都市内でも、観光の拠点として選ばれることが多い京都駅周辺や河原町周辺には、深夜まで営業するメンズリラクゼーションサロンが集まっていますので、ディナーの後にマッサージ施術を受けてから、ホテルに帰るようにしてはいかがでしょうか?そうすれば、翌日も万全な体調で迎えることができ、思う存分京都観光を楽しむことができるようになると思いますよ!

河原町・祇園エリアのマッサージ店はコチラ
京都駅周辺のマッサージ店はコチラ

まとめ

今回は、夏場の観光地というイメージがあまりない京都について、京都の夏でも暑さを感じずに楽しめる、オススメの室内観光スポットをご紹介してきました。
 
『京都=寺社仏閣巡り』というイメージが非常に強く、「暑い夏の京都で外を歩き回るのはちょっと…」というイメージを持っている方は、非常に多いのではないでしょうか?実際に、京都は盆地になっていることから「夏は暑く、冬は寒い」といった感じで、真夏や真冬は、観光にはあまり適しているとはいえない気候なのも確かなのです。しかし、夏の京都にも楽しめる観光スポットはたくさん存在しますし、イメージだけで「夏はやめておこう…」と考えるのは少しばかりもったいないような気がします。
夏の京都でしか楽しめないことも十分あります。一度は夏でも楽しめる京都観光に行ってみてはいかがでしょうか。

筆者: コラム担当 御厨

  1. リフナビ京都
  2. リフナビ京都コラム
  3. 地域情報
  4. 真夏の京都観光!暑さを気にせずに楽しめるオススメ室内スポットをご紹介!