京都で夜桜を楽しむ!2021年の「桜の名所」ライトアップ情報をご紹介!

ようこそゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
128 34 37

RSS

  1. リフナビ京都
  2. リフナビ京都コラム
  3. 地域情報
  4. 京都で夜桜を楽しむ!2021年の「桜の名所」ライトアップ情報をご紹介!
←前の記事次の記事→

京都で夜桜を楽しむ!2021年の「桜の名所」ライトアップ情報をご紹介!

更新日: 2021-03-22地域情報
京都で夜桜を楽しむ!2021年の「桜の名所」ライトアップ情報をご紹介!

今回は、毎年多くの方が訪れる京都の桜の名所の中でも、非常に幻想的な雰囲気が楽しめる夜桜スポットをいくつかご紹介していきたいと思います。
昨年から続く新型コロナウイルス問題の影響で、なかなか外に遊びに行くことができず、ストレスが溜まってしまっている…という方も多いのではないでしょうか。特に、大阪や東京などの大都市圏では、二度目となる緊急事態宣言が発令されるなど、コロナ禍での我慢を強いられる生活に疲れてきているという方も多いと思います。

そこでこの記事では、屋外で美しい景色を楽しめる桜の名所をご紹介していきます。現在では、世界的な観光スポットとして人気を集めている京都は、桜の名所が多いことでも有名です。もちろん、昼間の桜も非常に美しいものですが、清水寺や高台寺、東寺などでは、桜の時期に夜の特別参拝がスタートし、ライトアップされた幻想的な夜桜を楽しむことができるのです。
この記事では、筆者がオススメする、夜桜が楽しめる京都の名所をいくつかご紹介していきます。

2021年は桜の開花が早い?

それではまず、桜の開花情報から簡単にご紹介していきましょう。毎年、2月の中旬ごろになれば、テレビのワイドショーやニュースなどで桜の開花予測が報道されはじめます。この記事を読んでいる方の中にも、久しぶりの明るいニュースである『桜の開花情報』を心待ちにしているという方が多いのではないでしょうか?

2021年に関しては、昨年晩秋の高温の影響で、全国的に桜の休眠打破が遅れているといわれていましたが、その後の気温が平年より高めを推移していました。さらに、2月後半から3月前半にかけての気温が高くなったことから、全国的に桜の開花時期がずいぶんと早まったようです。

そして先日、京都地方気象台は、3月16日に京都市内でソメイヨシノの開花観測を発表。京都では観測を開始した1953年以降、最も早い開花となりました。平年よりも12日早く、そして昨年より6日早い開花だったそうです。
また、広島、福岡、長崎、松江、高松、下関でも1953年の観測開始以来、最も早い開花だったということです。
実際の開花時期は、気温などの影響によって前後しますので、満開の時期にあわせて桜や夜桜を楽しみたい場合は、桜の開花情報を小まめに確認し、実際に訪れる予定日の日程をしっかり考えておきましょう。

幻想的な『夜桜』が楽しめる京都の桜スポットについて

それでは、京都の桜の名所の中でも、夜間はライトアップイベントなどが行われている場所についてご紹介していきましょう。京都は、日本国内の他の観光スポットと比較しても、『桜の名所』といわれる場所が非常に多いです。
ここでは、その中でも夜間の特別拝観などが行われている夜桜スポットをご紹介していきます。

清水寺の夜の特別拝観【京都市東山区】

京都の中でも観光スポットとして人気の清水寺は、日本でも有数の桜の名所としても有名です。
境内には、山桜やソメイヨシノなどの桜の木が合わせて約1,500本あるといわれており、世界文化遺産にも登録されている歴史的な建物と桜のコントラストを楽しむことができます。
毎年3月下旬から4月上旬には夜の特別拝観が開催されており、ライトアップされた幻想的な夜桜の絶景を楽しむことができます。夜の帳が下りる中に浮かび上がるライトアップされた夜桜・清水寺の姿や、「清水の舞台」と呼ばれる本堂舞台から見下ろす夜桜は、息をのむほど美しい景色ですので、非常にオススメの夜桜スポットと言えます!

  • 住所:京都府京都市東山区清水1丁目294
  • 夜間特別拝観(春)開催日程:3月27日~4月4日
  • 拝観料金:(大人)400円(小・中学生)200円
  • 公式サイトはコチラ

高台寺の夜の特別拝観【京都市東山区】

次は、太閤秀吉を弔うために「正室・北政所ねね」が建立させたといわれる高台寺で行われている夜の特別拝観です。正式名称は、高台寿聖禅寺なのですが、一般には「ねねの寺」として親しまれている京都の名所です。
 
高台寺では、方丈庭園のシダレザクラが非常に有名で、例年桜の時期になると「春の夜間特別拝観」として、広大な境内が美しくライトアップされます。例年の桜の見ごろは、3月下旬ごろといわれており、シダレザクラ以外にもヤエザクラやソメイヨシノなどが楽しめます。

  • 住所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526
  • 夜間特別拝観(春)開催日程:3月12日~5月5日
  • 拝観料金:(大人)600円(小・中学生)250円
  • 公式サイトはコチラ

東寺の金堂・講堂夜間特別拝観【京都市南区】

最後は、創建から1,200年の長い歴史をもち、世界遺産としても登録されている「東寺(教王護国寺)」の夜桜のライトアップです。
東寺は、国宝に指定されている五重塔を有することでも有名ですが、日本でも有数の桜の名所としてもよく知られています。境内には、樹齢130年を超えるといわれている『不二桜』という八重紅枝垂れ桜があり、訪れる人々を魅了します。
夜間特別拝観の際は、五重塔もライトアップされますので、この時期しか楽しめない幻想的な風景を見ることができます。他にも、ソメイヨシノなどの桜も楽しめますし、満開の時期のその風景は壮大で本当に目を奪われるほどの美しさです。

  • 住所:京都府京都市南区九条町1
  • 夜間特別拝観(春)開催日程:3月19日~4月18日
  • 拝観料金:(大人)1,000円(小・中学生)500円
  • 公式サイトはコチラ

京都の名所巡りの後はマッサージがオススメ!

今年もすっかり桜の季節ですが、京都にある桜の名所の中には、新型コロナウイルス問題のこともあり、2021年の夜間のライトアップを中止する場所も多いようです。もちろん、例年通りに開催する場所もありますので、夜桜スポットを楽しみたいと考えている方は、事前にしっかりと開催情報を調べてから足を運ぶのがオススメです。

なお、京都にある桜の名所の多くは、寺社仏閣巡りも同時に楽しめる場所ですので、美しい桜の景色と一緒に、日本の歴史を感じることができるのも魅力の一つです。しかし、京都の寺社仏閣は、非常に広大な敷地を持っている場合が多く、数カ所巡っただけでも想像以上の疲労を感じてしまいます。そこでオススメなのが、夜桜のライトアップを楽しんだ後は、河原町周辺や京都駅周辺でディナーを楽しみ、最後にメンズリラクゼーションサロンでマッサージを受けるという流れです。
実は、京都観光の拠点に選ばれることが多い河原町エリアや京都駅周辺エリアは、京都のビジネスの中心地でもありますので、ビジネスマンを対象として深夜まで営業しているリラクゼーションサロンが多く出店しています。こういったお店では、日々の疲れやストレスを解消できるさまざまなメニューが用意されていますので、ホテルに帰る前にそういったリラクゼーションマッサージを受けておくことで、次の日に疲れを残さずに、京都観光を楽しむことができると思います。これから桜のライトアップを見るため京都観光を計画している方は、ホテルの近くのメンズリラクゼーションサロンも見つけておくのがオススメですよ。

河原町・祇園エリアのマッサージ店はコチラ
京都駅周辺のマッサージ店はコチラ

まとめ

今回は、京都の桜の名所の中でも、ライトアップによって幻想的な風景が楽しめる『夜桜』スポットをいくつかご紹介してきました。

日本人にとって『桜』は特別な存在であり、毎年桜が満開を迎えるこの時期を楽しみにしているという方が多いと思います。特に今年は、昨年から続くコロナ問題のこともあり、ステイホームを強いられていることで、ストレスが溜まりに溜まっている…という方が多いのではないかと思います。
そんな中、満開の桜のその壮大な美しい姿を見ることで心が癒やされ息抜きにもなるでしょうし、また、日本らしい四季を感じることもでき、変わってしまった生活スタイルによって縮こまってしまった心や体も少しリセットされるきっかけになるのではないでしょうか。
もちろん、新型コロナウイルスへの感染予防対策などを万全にしておくことは大前提ではありますが、疲れた心と体を癒やすため、少し夜桜を眺めに散策をしてみるのも良いのではないでしょうか。

筆者: コラム担当 御厨

  1. リフナビ京都
  2. リフナビ京都コラム
  3. 地域情報
  4. 京都で夜桜を楽しむ!2021年の「桜の名所」ライトアップ情報をご紹介!